中村真也の人力百名山
中村真也の人力百名山
中村真也の人力百名山
( 50音順)



 やると決めたからには完結する。それが人力百名山。残った山々を日本アルプスを往復することによって終わらせる。それは自分の”意地の戦い”であった。

  ※ 旅日記は旅先から携帯で写真と日記を発信したものです。(リアルタイム日記)



 日程
04年 7月18日 〜 04年 9月14日
 日数
89 日間
 走行
約 1,250 km
 百名山
40山を人力登頂 (うち20山は初登)

 太平洋は駿河湾から出発し、山々を越えて日本海は親不知をまずは目指す。そして再び太平洋の海へ。日本アルプス全ての縦走である。その中で残った人力百名山の山々の登頂を目指す。




 
▼ 旅の概要 ▼
 私が旅を始めた時から始まった人力百名山。それは動力を一切使用しないでの標高0mの海から人の力だけで百名山を登頂するという自分で決めた定義である。自己調べではまだ誰も成し遂げられていない。いや、性格には誰もこんなものに挑戦していないといった方がいいだろう。だが自分は何かやり遂げたい。それも誰も成し遂げられていないこと。そんな理由から思い立ったのだがこの人力百名山である。
 前回の旅は自転車日本一周で百名山のうち80山を終えた。そして残りの百名山を完結しようと出発した3ヶ月間の山旅がこれだ。もちろん全て徒歩のみである。気合も入るのだが、しかしこうして作った新たな旅ではあってが実際は他に挑戦したいことも出来ただけに足は重い。ただ「やる!」と最初に決めたことによる意地であった。こうした中途半端さも一面に見せる山旅であり、気持ちが潜んでいた部分があるだけに予想以上に達成の壁は私の前に立ちはだかった。そこは甘い気持ちでは乗り越えられない道であった。




〜注意〜
当HPはInternetExplorer以外では正しく表示されません


著作権は放棄しておりません。画像・文書の無断転記転載はご遠慮ください。