中村真也の人力百名山
中村真也の人力百名山
中村真也の人力百名山
( 50音順)



 平凡に生きてきた自分。しかし一度は何か大きなことをしてみたい。その挑戦心からおこったのが、誰も挑戦していないだろう人力での百名山の登頂。これなら体力に自信のない私でも、時間さえ掛ければ成し遂げられるのでは。そう思ったときには駆け出していた。
 自転車日本一周の旅と共にやり遂げようと!そして最後は意地になっての日本アルプス往復の旅。一筋縄ではいかなかった。



※上記は気持ちの経過を書きました。各項目を選んで下さい。

 「意地への出発」
久しぶりに日を浴びた白馬岳にて
  標高0mから動力を一切使用しないで人力のみで百名山を登頂しようと日本一周のときから挑戦してきた。1年半の道程を越え、続いて今回この「日本アルプス往復の旅」で3年越しの人力百名山の達成に至った。  しかしこの人力百名山は私にとって夢でもなければ目指している訳でもない。ただ意地になり、仕方なくの百名山であり、最後にはやらなければならない旅となっていた。そうした心から目指した旅ではなかっただけに実際の旅の辛く厳しい時には普段以上に「なんでこんなことしているのだろう…」と苦しんだ。自分のやりたい旅、伝えたい旅とは間違いなく違う。そう分かっていただけに一歩一歩はどうしても重くなり辛さは増す。しかし、やめようとは一度たりとも考えたことはない。意地であった。  それは自転車日本一周の時から芽生え始めたもので当初はただ軽い気持ちで旅をしながら百名山を制覇できたらという思いであり実際に無理な登山は避け、また日数的にも厳しかっただけに信州の山々を多く残した。しかし徐々に地方の山々を登り百名山を塗りつぶしてゆく中で、まだ誰も成し遂げていないだろう人力での百名山の挑戦してみようと思い始め、そして最後は人にも言いHPにも書いた。しかし、日本一周を終えた時、思いは違う旅を夢見ていた。もう新しい夢を新たに置き、自分の中では人力百名山は過去のものとなっていた。だが、公言した以上は百名山をやり遂げなければならない。自分とけじめとしても中途半端である。日本一周を終えたといっても旅は途中であり常に後ろ髪を引かれとても新たな夢へと走る気分までにはなれない。まずは百名山を終わらせてから。そこからの新たなスタートであった。そうした終わらせなければならないという意地からの今回の「日本アルプス往復の旅」の出発であった。

 「旅を終えて…」
出発の地である太平洋へ再び
 この人力百名山が終えたことで私はようやく最初の旅を終わらせた。日本一周、中部山岳の往復と越えてはきたが、どちらも旅に出る前から目標にしてきたとこで、私の中ではひとつの旅なのである。ただ後に行った中部山岳の往復は本心からしたい旅というよりも人力百名山を終わらせるという意地の旅であった。それだけに日本一周で強く思った「伝える旅」といった自分の趣旨からやや外れてしまう。ただ辛い旅としてしか私には受け止められずに常に山岳旅の後の自分を夢見ての出発であった。しかし、実際にこの日本一周時から引き続く百名山を終えた時、夢は持っても現実へと歩き出す自分に不安を感じぜずにはいられなかった。  多くの旅人が旅を終えて思うことだろう。その旅が夢であり目標であっただけにそれを越えたとき明日の目標を失ってしまう。旅中なら常に明日の自分を計画して歩んでいけたのだが、帰宅した後には明日どうすればいいのか分からない。さらには夢を越えたという自信ばかりが高まり、それ以上のことを次にはしたいという挑戦心ばかり高まるのだが、何をしてよいのか分からず日ばかり重ねてしまう。そんな旅人の話をよく耳にしていた。そして私自身も例外ではない。次にやりたい事はもう日本一周の後半時から溜めに溜めて来たのだが、実際は何から始めてよいのか分からない。さらには帰宅後の雨風凌げ何の不自由も無い生活に堕落してしまう。ゴールしたときの不安がまさに現実となってしまった。甘えである。これではいけないと何度も思いながらも重い腰が上がらない。机にまで立ち向かってもまた横になってしまう。何とも情けない。旅の時の闘志はどこにいった? と自分に投げかけるがすぐにそっぽを向いて現実逃避してしまう。そんな時に思い出すのがあのゴールのときに感じた空の時間であった。普通なら3ヶ月の苦しいたびを終えて喜ばなければならないだろう。いや、そう、あって当たり前であり、そうなりたい。しかし現実は今までのように目標という線路の上を何も迷わず歩いてきた道に終わりを告げ、もう足元には道は何もなくなっていた。どちらに歩んだらよいのか分からない。その先に何が待っているのかも分からない。線路だけを見て必死で走ってきただけに、目の前に広がった道も無い果てしない草原に迷い足を止めてしまった。日本一周を終えたときもそうであったし、この中部山岳の旅はそれ以上だ。旅は私にとって魔物である。社会人のときの旅は現実から離れた新鮮さで溢れ楽しかった。短い時間ではあったが、その限られた時間だからこそ大いに楽しみ悔いも残した。だからこそ次の旅を夢見て仕事へと励んだ。それだからこそ仕事も楽しかった。そして仕事あっての休暇であり旅であった。そのときの旅が懐かしい。できればそんな昔の生活へと戻りたい。そんな思いも強いが、しかしまだこの旅で遣り残したことがあった。「伝える旅」への挑戦である。それが今ようやく日本一周&百名山を終えて挑戦できるというのに何もしないで逃げるわけには行かない。次こそ本番だ。そう自分に言い今闘志を燃やし始めている。無気力な状態は今回の旅後も作ってしまったが、また次への挑戦へ!

新たなHPで出発!→ 





〜注意〜
当HPはInternetExplorer以外では正しく表示されません


著作権は放棄しておりません。画像・文書の無断転記転載はご遠慮ください。